KHS JAPAN について

HISTORY

HISTORY

KHSの誇らしげに設計された150種類以上の異なる製品は、35以上の世界中に販売されています。

1974年に創業し、40年以上にわたって自転車を販売しています。

KHSはいろいろな人の使用方法、サイズ、年齢、乗車レベル等に合わせ製造されています。そしてKHSは数少ない自社工場を所有しているブランドです。

TAIWAN

ワールドワイドに展開するKHSグループは自転車に先駆け1953年台湾で企業展開を図り、日本の会社と合弁で楽器やモーターバイクの生産を行う工場を稼動させ世界各地に輸出しています。

ウェン・シェイの弟、ジャック・シェイは台湾に自転車工場を稼動させ今日に至ります。ジャック・シェイ(KHS台湾社長)は、学生時代日本に6年間滞在し、東京の大学を卒業しており、日本と結びつきが深い会社です。

TECHNOLOGIES

設計はアメリカにあるKHS本社で行われています。 KHSはひとつひとつの自転車に独自の技術開発の焦点を当てて製造しています。オリンピックやワールドチャンピオン、ナショナルチャンピオン用のトップラインからコミューターバイク、通勤・通学用自転車、コンフォート、ファミリー等、楽しみのための自転車、KHSの開発チームは、すべての顧客が偉大な体験ができるように、正しい設計、正しい材料、正しいコンポーネントを見つけるために集中しています。

PERFORMANCE

KHSはライダーを若い早い段階からサポートし、オリンピックやプロフェッショナルアスリートに育てるのが得意です。ワールドスピードレコードホルダー、オリンピック金メダリスト、ワールドチャンピオン、ナショナルチャンピオンを輩出しています。

JAPAN

KHSは各国の市場に合わせ販売車種を開発しています。2001年3月に設立されたKHS JAPANは、2001年秋に行われたサイクルショーに本格的に日本市場での攻勢を計るために企画された2つの商品が展示されました。一つは、F-20Rと言う小径の折りたたみモデル、もう一つはDS2000というフリーライドMTBモデルでした。

KHS JAPANのショーの為に来日したKHS USAファクトリーチームのマリッサ・ビュエルは会場で見た日本企画のDS2000モデルを気に入り、翌年4Xレースで使用したいとの話になりました。当時このストローク(5インチ)のモデルがアメリカに無く、KHS USAはアメリカ市場にもこの日本企画の商品を投入しました。

マリッサはなんと日本企画のMTBで全米選手権で4Xレースのチャンピオンに輝きました。マリッサ自身も初のビッグタイトルを手に入れました。その後マリッサは2008年に4Xで世界チャンピオンのタイトルを獲得しました。

VALUE

自転車の設計は過去10年で大きく変化しています。価格が大きく増大し、消費者にとって不幸な状況になっています。だからKHSはすべてのライダーに対し価値があるよう最大限専念し、並んで、KHSは自転車をまとめて包み込むのではなく、多くの異なるカテゴリー・モデルに、等しい価値、等しい性能、等しい品質を与えています。

KHSの販売店や、試乗会で確かめてください。

 
 

KHS USA 本社
 
 

KHS 台湾工場