KHS JAPAN について

HISTORY

BEGINNINGS

ケミカルエンジニアだったウエン・シェイ博士が、現副社長のウエニィ・グレイと知り合ったことがきっかけに、自分たちが乗りたいバイクを志し、アメリカ・カリフォルニア州に1974年KHSバイシクルズが設立され、翌年販売がスタートしました。

ウェン・シェイ博士(現社長)はモーターバイクを生産する会社の創業者の父親の基、モーターバイク生産の技術を自転車生産に取り入れ新しい技術、デザインをいち早く取り入れ遂行してきました。

TODAY

創業時の車種は少量でしたが、今日では100を超え、MTB、ROAD BIKE からFOLDING BIKE、BMX、CRUISER、URBAN CYCLE と殆どのカテゴリーをカバーし、完成車ブランドもKHS、FREE AGENT、MANHATTANと世界各国に代理店を持つブランドへと発展しました。また、パーツブランドとしてQ2, POWERTOOLSのブランドを展開しています。

TAIWAN

ワールドワイドに展開するKHSグループは自転車に先駆け1953年台湾で企業展開を図り、日本の会社と合弁で楽器やモーターバイクの生産を行う工場を稼動させ世界各地に輸出しています。

ウェン・シェイの弟、ジャック・シェイは台湾に自転車工場を稼動させ今日に至ります。ジャック・シェイ(KHS台湾社長)は、学生時代日本に6年間滞在し、東京の大学を卒業しており、日本と結びつきが深い会社です。

COMPETITION

創業時からKHSは積極的にレースサポートを行い、ウエイニイ・クロスデ-ル,シンディ・ホワイトヘッド、ジミー・ディートン(カミカゼチャンピオン)シェリー・エリオット(USチャンピオン)、デイブ・カリナン(DH世界チャンピオン)カトリナ・ミラー(世界チャンピオン)、ジョン・ハワード(USチャンピオン、アイアンマンチャンピオン、ワールドレコードホルダー)等、名だたる選手をサポートしています。また2012年にはオリンピックのBMX種目でマリス・ストロンバーグが金メダルのビッグタイトルを手に入れました。

JAPAN

KHSは「自分たちが乗りたいバイクを作る」をポリシーに、2001年3月に日本の市場に合った商品を企画・開発し、市場に投入するための会社、KHS JAPANを設立しました。

2001年秋行われた日本のサイクルショーに、本格的に日本市場での攻勢を計るために企画された2つの商品が展示されました。一つは、F-20Rと言う小径の折りたたみモデル、もう一つはDS2000(ウィッチドクター)というフリーライドMTBモデルでした。

KHS JAPANのショーの為に来日したKHS USAファクトリーチームのマリッサ・ビュエルは会場で見た日本企画のDS2000モデルを気に入り、翌年4Xレースで使用したいとの話になりました。

当時このストローク(5インチ)のモデルがアメリカに無く、KHS USAはアメリカ市場にもこの日本企画の商品を投入しました。

マリッサはなんと日本企画のMTBで全米選手権で4Xレースのチャンピオンに輝きました。マリッサ自身も初のビッグタイトルを手に入れました。その後マリッサは2008年に4Xで世界チャンピオンのタイトルを獲得しました。